すぐに知りたいカードローンの審査基準

カードローンの審査基準って、とても気になりますよね

すぐに知りたいカードローンの審査基準

審査基準は金融機関よりもカードローンの方が緩い

カードローンは、申込みをしただけでも融資してもらうことはできません。
申し込みをして、審査に通らなければカードローン会社から融資可能にはなりません。
中には、審査に通らないといった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?
カードローン会社の審査基準は、金融機関で組むことができるローンとは違って緩くなっています。そのため、比較的審査基準に通らないということはないです。

こういった状況の中でも、審査に通過させることができないという場合は、過去に自己破産をしていたり、滞納の履歴があったりと信用情報機関のリストに入っている人の場合は、カードローンの申し込みをしても審査に通らない可能性が高くなっています。

カードローン会社にとって、こういった過去がある人は信用性がないと判断してしまいます。
お金を貸す立場であるカードローン会社にしてみれば、お金を返済してもらわなければマイナスになってしまうので、過去にこうした事故を発生させている場合は審査基準に該当すらしません。

いくら過去の履歴を隠したいと思い、申込みのときに記載しないという行為は逆に悪徳な印象となってしまい、社内ブラックへと進展します。
社内ブラックになると、関連しているカードローン会社での利用をすることができなくなってしまうので、どのカードローン会社に連絡をしても断られてしまうのです。
こうならないようにするためには、真実をしっかりと伝えることが大切です。

正直に記載をしてそれでも融資してもらうことができなければ、とにかく返済をすることだけに集中するようにしましょう。
残高が少なくなれば申し込み可能金額の幅に入れることができるので借入対象になってきます。

各カードローン会社によって違う審査基準

カードローンを利用するメリットと言えば、スピーディな対応をしてくれるという点です。
他にも、いつでも申込みをして融資してもらうことができる、利便性が高いのもメリットの1つになっています。
しかし、カードローンを利用するにあたって必ず申し込み後に審査を受ける必要があります。
この審査は、申込みをした人全員が対象になっているので、平等となっています。

審査に通るか通らないか・・・少し心配という場合には、ホームページなどで事前診断といった仮で行う審査があるのでこういったものを利用してみると現状借入できるかどうかを判断することができます。
この仮審査は30秒ほどで完了することからも、全く手間や時間をかけることがありません。

審査基準は、カードローン会社によって様々となっています。
ですので、この条件がクリアしていれば安心できるといったことがありません。
最低でも、収入があるというのは一番の基準となってくるので、パートでもアルバイトでも収入があることを前提に申込みをしましょう。
カードローンは金融機関で提供をしているカードローンとは全く異なっていて、正社員じゃないとダメとか勤続年数が5年以上でないとダメといった厳しい基準がありません。
パートはもちろんのこと無職、アルバイトの方はカードローンの利用をすることができません。

しかし、カードローンは一定の収入ではなく収入を確保していれば限度額は少ないくなってしまいますが、申込みをして融資おしてもらうことができます。
審査時間もスピーディで、手続きや申込みをするときの書類があまり必要ないことからも非常に活用の幅を広げることができます。
ただ、利用の仕方が悪いと大変なことになってしまうので注意しましょう。

 |  | 

カードローンの審査基準は一定ではない

いつでも気軽に利用することができるカードローンに申込みをした後は、審査を受ける必要があります。
この審査には、申込みをした人に返済能力があるかどうかを調べるためのもので、各カードローン会社によって基準が異なっているので、審査基準というのは一概に決まった条件というのはありません。
ただ、多くのカードローン会社で基本となっているのが安定した収入があるかどうかということです。
正社員の場合は、問題なく審査に通過することができます。
しかし、パートやアルバイトの場合はなかなか厳しい状況となってしまいます。
ただ、金融機関のローンとは違って絶対に借入をすることができないというわけではありません。
借入をすることはできるけど、融資額を少なくされてしまうといったことになります。
ですので、こういった面からしてみると非常に借入しやすい環境にあるといえます。

審査基準の幅も、収入のみを重視するところもあれば、勤続年数を一番に考えるといったカードローン会社があります。
カードローンを利用する際には、一か所だけではなく複数のカードローン会社へ申込みをして審査を受けるということも必要になってきます。

最初に申込みをしたカードローン会社の審査はダメだったけど、次に受けた審査は大丈夫だったということも実際にあるので、比較しながらいくつかピックアップをして選んでおくことによって後悔しないカードローンの利用をすることができます。

カードローン会社には、消費者金融だけしかないと思っている人がいますが、銀行系や信託系もあるので思っている以上に安心して利用できるかと思います。
銀行系の場合は総量規制の対象外となっているので、借入総額に関係なく申込みをすることができます。

Copyright (C) 2013 すぐに知りたいカードローンの審査基準 All Rights Reserved.

このページの先頭へ